CSR基本方針

私たちは、全員が心をひとつにして法令とその精神を遵守し、以下のとおり、全てのステークホルダー(お客様・社会・お取引先様・従業員等)の皆さまの要望や期待に応えて、信頼される企業であり続けることを目指します。

私たちは、お客様に対して

  • お客様が、安全に、安心して、自動車と共にある生活を楽しまれるために、お客様に満足いただける優れた商品とサービスの提供に努めます。
  • 法令やルールとその精神を遵守し、お客様に信頼される営業活動を行います。
  • 個人情報保護法とその精神を遵守し、お客様の個人情報の保護の徹底に努めます。

私たちは、社会に対して

  • 社会の要請に応え、法令やルールを守り、人権と人間の尊厳を尊重する経営を実践します。
  • 事業活動を通じ環境保全に努め、地球環境・地域社会との調和ある成長を目指します。
  • 報告において、常に真実をタイムリーに述べます。
  • 交通安全に、積極的に取り組みます。

私たちは、お取引先様に対して

  • 相互信頼に基づき、お取引先様を尊重し、長期的な視野に立った共存共栄の実現に取り組みます。
  • 独占禁止法を始めとする取引に関する法令とその精神を遵守し、公正で自由な取引を行います。
  • 公正さを疑われる接待や贈答を送ったり受けたりしません。

私たちは、従業員に対して

  • 労働関連法令の遵守は言うまでもなく、従業員が活き活きと働けるよう、相互信頼を築き、お互いに責任を持って、思いやりを忘れず、それぞれの立場を尊重します。
  • 従業員が誠実に仕事に取組み、仕事を通じて新しく有用な価値を創り出せるよう、それぞれの成長を支援します。
  • 安全で、健康的で魅力のある職場作りに努めます。
  • 機密情報を厳正に取り扱い、タイムリーで的確な情報開示に努めます。

マツダパーツ株式会社
代表取締役 石田 岳人

CSR取組環境保全

環境負荷の最小化を目指して、物流体系の構築を推進しています

全国40ヶ所に点在した物流センターを千葉・名古屋・広島の3ヶ所に集約し、お客様への配送を夜間に切り替える物流変革に取り組むことで、トラック台数を大幅に削減し、省エネルギーと昼間の交通量緩和やCO²排出削減等、グリーン化に寄与しています。

従業員全員で、クールビズ・ウォームビズを中心とした
節電に取り組んでいます

また、東日本物流センター(10,000m²)、中日本物流センター(6,000m²)の照明を全てLED化するなど、
省エネルギー、省資源、CO²削減活動を継続的に行っています。

  • BEFORE
  • AFTER

中日本物流センター荷受/出荷場

社会貢献

従業員全員参加による、リサイクル品の回収を通じ、社会に貢献しています。
ペットボトルキャップ、使用済み切手、書き損じハガキなど、リサイクル品の収集を継続して行っています。
収集したリサイクル品は、地域のボランティア団体や学校などの収集先に寄贈しています。

ページトップに戻る